インプラント

インプラントインプラント
インプラントインプラント

インプラントとは人工の歯根のことです。
(歯の根の部分の代わりとなるチタン製の人工物のことです)
 歯を喪失した場所に、インプラントを埋め込み、その上に人工歯をつけて喪失した歯の機能を回復します。

インプラントの良い点

インプラント治療には、他の治療方法とは比較できない様々な良さがあります。
自然な形態、天然歯と同じような咬み心地など、ご自分の歯に変わる「第2の永久歯」として機能します。
ここではインプラント治療が、歯の健康や日常生活にもたらす価値をご紹介します。

インプラントの良い点

①自分の歯と同じように咬む事ができる

①自分の歯と同じように咬む事ができるインプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されている為、硬い食べ物でもしっかりと咬むことができます。
また、お食事のときに入れ歯が沈み込み、圧迫され痛い、咬みきれないなどの悩みもありません。

②口元を気にすることなく、人前で笑ったり、話をできるようになる

②口元を気にすることなく、人前で笑ったり、話をできるようになる入れ歯のように、他の歯にかけた金属が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。
お食事中に会話を楽しんでいる最中にも、歯が外れることや、見た目を気にする必要がなくなります。

③他の歯に負担をかけずに、失った歯の機能を回復できる

従来の無くなった歯を入れる治療法(ブリッジ)

従来の無くなった歯を入れる治療法(ブリッジ)

①矢印の部分の歯が無くなった時

従来の無くなった歯を入れる治療法(ブリッジ)

②両隣の歯を上図のように削ります。
場合によっては神経を取る必要もあります。

従来の無くなった歯を入れる治療法(ブリッジ)

③型を採って、削った歯に合わせた被せ物を作製します。

従来の無くなった歯を入れる治療法(ブリッジ)

④被せ物が外れなようにセメントで装着します。

インプラントによる無くなった歯を入れる治療法

インプラントによる無くなった歯を入れる治療法

①無くなった歯の部分にインプラントを
埋入骨と完全に結合するのを待ちます。

インプラントによる無くなった歯を入れる治療法

②インプラントに被せ物を装着します。
両隣の歯は一切、削らず済みます。

当院でのインプラント治療の進め方

①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。

①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。

②埋入するインプラントの位置、方向、サイズなどを検討する

①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。
①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。①まず最終的にどのような歯を入れるのかを模型上やレントゲン、CT等で計画を行い、それに従って、インプラントを入れる位置を決めます。

当院では、安全で確実なインプラント治療を行うため「i CATナビゲーションシステム」を導入しております。

CT撮影によって得られた口腔データよりコンピュータ上でインプラント埋入のシミュレーションを 行います。

シミュレーションの結果を基に実際のインプラント手術を行う前に、充分な治療計画のご説明を行い、

納得して頂いた上でインプラント手術を行います。

③インプラントを埋入する手術

iCAT ナビゲーションシステムの流れ

iCAT ナビゲーションシステムの流れ①アゴの骨の構造や神経の位置などを精度高く把握する為に、CT撮影を行います。当院では、院内で撮影が可能です。

iCAT ナビゲーションシステムの流れ②撮影したCTのデータを院内のパソコンに取り込み、アゴの骨の形や硬さ、神経の位置などを確認した上で、インプラントの埋入位置を診断します。

iCAT ナビゲーションシステムの流れiCAT ナビゲーションシステムの流れ
i-CATを用いて診断・作成したサージガルガイド

③診断した結果を元に、手術を行います。パソコン上で診断した位置にインプラントを精度高く埋入できるようサポートする、手術支援器具「サージガルガイド」を用いて、安心・安全な手術を行います。

当院での症例

当院での症例①サージガルガイドを用いて、インプラントを骨に入れる手術を行います。

当院での症例②インプラントと骨が、しっかりと結合するのを待ってから、歯を作る為の型をとります。

当院での症例③出来上がってきた歯をインプラントに装着します。
(右写真は、ネジで歯をインプラントに固定するタイプのものです。)

当院での症例④上の奥歯にインプラント治療を行った結果、下の奥歯ともしっかり咬み合わせをする事が可能となりました。

コンピュータ上で計画した図面コンピュータ上で計画した図面

コンピュータ上で計画した図面

手術後の状態(計画した位置にインプラントを埋入)手術後の状態(計画した位置にインプラントを埋入)

手術後の状態(計画した位置にインプラントを埋入)

手術を行う前に、インプラントを埋入したいポジションをコンピュータ上でシミュレーションし、出来上がってきた
サージカルガイドを用いて手術を行う事でより安全で精度の高い、身体にとってもダメージの少ない手術が可能となります。

当院でのインプラント症例

インプラント症例①  多数のインプラントを使用し、咬み合わせ治療も併用

初診(平成21年)

初診(平成21年)初診(平成21年)

平成25年:治療終了(最終補綴物装着)

健診来院時(平成30年)

健診来院時(平成30年)健診来院時(平成30年)

術後5年経過

治療期間は長期必要となりましたが、合計12本のインプラントを用いて治療を行いました。
治療後5年経過した時点では、ご自分の歯、インプラントともに検査など行っても正常値で、何の大きな問題もなく経過しています。

インプラント症例② 歯ぐきの移植を併用したケース

インプラント症例② 歯ぐきの移植を併用したケースインプラント症例② 歯ぐきの移植を併用したケース

この方はインプラントを埋入する部分の歯ぐきの質が脆弱な状態で、インプラントを長く持たせる為には不安がある状態でした。
改善を図るため、強度のある歯肉を移植をする事でインプラント周囲の歯ぐきの強化とお手入れもしやすい環境にする事ができました。

インプラント症例③ 総入れ歯の安定を目的に行ったケース

インプラント症例③ 総入れ歯の安定を目的に行ったケースインプラント症例③ 総入れ歯の安定を目的に行ったケース

インプラント体に歯科用のマグネット(強力な吸着力がある磁石)を取り付け、 総入れ歯の内面にもマグネットを取り付ける事で、入れ歯とインプラントが磁力結合する形となります。

その結果、総入れ歯が非常に安定しお食事も楽にできるようになります。

ご自身によるお手入れも重要

インプラント自体も日々研究を重ねて改良され進化していますので、その残存率は飛躍的に伸びています。

しかし、過去のデータは、未来の個人の症例に当てはまるものではありません。
治療後の清掃状態、咬み合わせなどによって、インプラント治療の未来は大きく影響されます。

日頃のお手入れや定期健診など、患者さま自身のケアをしっかりと行い、長く快適にインプラントを使用できるように私達がサポート致します。

インプラントの高い成功率

1965年、ブローネマルク教授によって治療された最初の患者さまは、治療後40年近く当時のインプラントを使用して、
最近お亡くなりになりました。

現在、ブローネマルクインプラントの20年累積残存データとして発表されているものには、上の無くなった歯に入れた
インプラントで約90.0%、下の場合は92.3%というデータがあります。

また、5年以上のデータでは98%以上という報告あります。