審美歯科

審美歯科治療とは、見た感じの美しさや歯の白さだけを、向上させるものではありません。
美しい口元になる事はもちろん、お顔との調和、歯本来の機能(よく咬める、話しやすい)の回復をする事で、お口の健康や心身の健康を増進し、本当の意味の“美しさ”を長く保ってゆくことを目的としています。セラミック治療

セラミックの種類

プロセラオールセラミッククラウン

プロセラオールセラミッククラウン強度のあるセラミックの上に、透明感のあるセラミックを焼き付けて作られるクラウン。

かつては、強度が無いと言われていたが、最近は材料の改良により、奥歯にも用いる事も可能です。歯肉が下がっても、金属が出る心配が無く、金属アレルギーの心配もありません。

当院での症例

当院での症例

当院での症例

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン強度のある金属(裏側)にセラミック(陶材)を焼き付けたものです。治療に利用されるようになってからの歴史は古く、
現在でも利用されています。

内面に金属を使用しているためたいへん丈夫で割れにくく、ほとんどの部位に使用できます。咬む力の強い方にも向いています。

当院での症例

当院での症例

当院での症例

ラミネートべニア

ラミネートべニア歯の表面(エナメル質の範囲内)を薄く削って、セラミック製の薄いプレートを貼り付ける治療方法です。
歯の隙間を埋めたり、歯の形を変えたりすることもできます。

前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、歯並びを直したいけれど矯正治療などで
時間はかけれないなど、お悩みの方には適した治療法です。

当院での症例

当院での症例

当院での症例

当院での症例 多数歯にセラミックによる修復を行ったケース

初診(平成21年)

初診(平成21年)初診(平成21年)

健診来院時(平成27年)

健診来院時(平成27年)健診来院時(平成27年)